QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真空管アンプ完成

真空管アンプ完成しました!

nP4250801.jpg

6EM7を2本使用したシングルアンプです。
情熱の真空管さんのとあるアンプに一目惚れして作製。
納得のいくクリアブラックのアクリル板が見つからない為、前面は解放中。


nP4240793.jpg

部屋を暗くして電源を点けるとヒーターがほんのり灯って
なんともいえない哀愁が漂います。
見ているだけで癒される。


nP4250818.jpg

全体はこんな感じ。
周囲は気にしないでください^^;


nP4250802.jpg

増幅素子 6EM7
結構熱を持つ。
秋葉原はクラシックコンポーネンツさんでマッチドペア5000円。
もっと安くて見向きもされないような球を使っても面白かったかも。


nP4250809.jpg

出力トランスは東栄変成器のT-600。すごくちっちゃい。そしてすごく安い!
結果から言うと、音の良し悪しが全く分からない私には充分良い音が出ている。
しかし、確かに低域が少し物足りない気もする。
次はもう一回り大きなものを使いたい。


nP4250812.jpg

電源スイッチ
今回初めてロッカースイッチなるものを使ってみた。
今までは自作で定番のトグルスイッチしか使ってなかったが、意外と可愛い。
電源モニタ用のLEDは主張しすぎると嫌だったので未使用。
しかし光量を抑えると案外ヒーターとも良く合うかも。


nP4250816.jpg

ヒーター電源のリプル除去用の抵抗。
頑張ってます。
ほんとはここに0.22Ωくらいは入れたかったけど電圧がどうしても足りなくて断念。
キャパシタの容量をもっと増やせばいいのだろうか。
20,000uFじゃ足りないってか。


今回は初めての真空管アンプということで最初から全て自分で設計して作製しました。
更に、お金の無い学生なので予算的にも削れるところはがつがつ削ってみました。

主要部品

6EM7 マッチドペア     5000
電源トランス デジット製  2900
出力トランス 東栄変成器製 735x2
ショットキバリアDi     84x4
RCAジャック        120円くらいx4
キャパシタ         ひとつ20~100円くらい
抵抗            ひとつ10~30円

etc.

なんとおおむね1万円前後です。
真空管アンプで通常一番金のかかるトランスが異常に安いです。
ケース代も木材500円程度で済んでいます。

無音時、スピーカから30cmの距離でハムが聞こえます。原因不明です。
電源のリプル除去が甘いのか、出力トランスがハムを拾ってるのか、回路が設計段階から間違っているのか…。
はたまたハム対策をほとんどしていないシングルならそれくらい仕方ないのか。

さらに、実は負帰還の原理がイマイチ理解できていないので無帰還で動作させています。
最初闇雲に負帰還抵抗を接続して実験していたのですが、どうにも無帰還の状態で一番安定してしまいます。
帰還方法がそもそも間違っているのかもしれません。
負帰還は真空管アンプに限らず必要な知識なので今後習得していきたいです。

ネットには出来の良い回路図がたくさんUPされていますので今回は回路図は記載しません。
が、回路図が欲しい方がいらっしゃいましたら差し上げます。気軽に連絡してください。
スポンサーサイト

電源部配線終了

s-P4170783.jpg

大きなキャパシタは存在感があります。
シャーシ形状からして回路の大部分が常に見える状態なのでルックスも気にしてしまいます。
金色のMUSEは値段で選んだけど失敗だったかも。

ショットキバリアダイオードで整流したヒーター電源電圧は6.0Vで安定しました。
コンデンサ前の抵抗をもう少し小さくすると6.3Vは得られそうですがここは後で調節します。
(安物のDMMを使用してるため正しい電圧か分からない。コンセントの電圧が常に97Vと測定される。)

無負荷時のB電源は疑いのDMMで304V程度ありました。
B電源はトランジスタリプルフィルタを通してリプルを除去しています。

tag : 真空管アンプ 6EM7

電圧不足

ヒーター電源ラインを配線しました。
しかしヒーター点火状態で5.8V程度の出力となりました。
6EM7のヒーター電圧の定格は6.3V±10%ですので許容内ではありますが、配線初期段階で妥協はしたくありません。

(※以降真空管アンプ初心者が書きなぐったものなので参考にする場合は自己責任でどうぞ)

整流に使用してるダイオード1N5400は順方向電圧降下が1V程度あるようです(電流量で変わる)。
ダイオードは直列に2本接続されているので合計して2V程度の電圧降下が。
そこに合計2A程度の電流が流れる為4Wもの電力が無駄に消費されていることになります。
部品代をケチった為、電源トランスはデジットで売っている安物の真空管アンプ用トランス(@2900円)。
6.3V巻き線の内部抵抗も6Ω程度あります。
定格2Aの巻き線から0.925A×2もの電流を取り出すのでなるべく無駄な電力消費を抑えなければなりません。

そこで、ヒーター電源の整流にショットキバリアダイオードを使用することにします。
耐圧、許容電流こそ一般のダイオードに劣るものの順方向電圧降下が小さいという特徴があるようです。
ただし一般ダイオードよりも高価です。
今回は共立エレショップで販売している31DQ04(@84円)を使用することにします。
データシートでは順方向電圧降下が0.5V程度とあり、整流時の消費電力を半減することが出来そうです。

そのダイオードが今日届く予定なので今日中には電源系の配線を終わらせたいです。

tag : 真空管アンプ 6EM7

真空管アンプ進捗

塗装が終了し、部品を取り付けました。

6EM7_2


横着をして水性ニスを使用したので思い通りの仕上がりになりません。
木の塗装については今後追求していく必要がありそうです。
今回は少し妥協しつつ次の段階に進むことにしました。

写真は塗装が終了し、部品を再度取り付けた状態です。
もうこれらの部品をはずすことは無いので本締めをしました。
トランスと真空管ソケットの間にラグ板を配置する予定ですが、その前に電源系の配線を行います。

tag : 真空管アンプ 6EM7

真空管アンプ鋭意作製中

やっとこさ作製に乗り出しました。


6EM7作製中

写真は配線前に仮組みしてみたところ。
情熱の真空管さんのとあるアンプをインスパイアさせてもらいました。
真空管アンプの作製経験がないことからスペースにゆとりを持たせた為、ずいぶん大きくなりました。

右上のヒートシンクにダイオードブリッジとトランジスタが設置されています。ここまでする必要があるかは不明。

これをいったんばらして、木材を塗装しつつ回路を組上げて行く予定です。

tag : 6EM7 真空管アンプ

こんにちわ
ウェブサイト
チョコレイトスピーカーの開発日記ブログですよ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
プロフィール

yosio

Author:yosio
しがない大学生
電子工作とかパソコンとかアニメとかが趣味
写真なんかも撮ったりするからうp出来ればいいな
サイトも見に来てくださいな

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。