QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【vista】ディスク容量不足→バックアップファイル削除で解消

ここ最近パソコンを起動するたびにディスク容量不足の警告が出ていた。

問題が起きたのはDドライブで、保存しているファイルの総容量とプロパティでの使用領域がかみ合わない。
いろいろ調べていたところ、どうやらバックアップファイルが原因のようだった。
そこで実際にバックアップファイルを最新5件程度残して削除すると、なんと80GBも喰っていた。
同じように悩んでいる方がいるかもしれないので簡単に説明しておく。

ちなみに、XPではバックアップファイルは上書きされるらしいのでこれはvistaに限った話だ。
上にも書いたように、保存しているファイルの容量とプロパティでの使用領域が食い違っている方は高い確率でコレが原因だと思う。


まず、バックアップファイルの場所は、

<バックアップ先ドライブ>:\<コンピュータ名>\Backup Set YYYY-MM-DD hhmmss

<バックアップ先ドライブ>はデフォルトではCドライブ(?)みたい。
私の場合、<コンピュータ名>のフォルダに何も入っていないと表示されていたが、開いてみるとしっかいバックアップファイルが存在した。
セキュリティやらアクセス権限やらの関係みたい。

中のフォルダにアクセスするたびにアクセス権限がどうのこうのと言われるが気にせず突き進むと大量のバックアップファイルが存在する。


バックアップファイルの削除は、

\Backup Set YYYY-MM-DD hhmmss\
のフォルダ内のBackup Files YYYY-MM-DD hhmmss

というフォルダごと削除する。

最新のバックアップファイルを削除すると次のバックアップでエラーが出るらしいので、最新数件のバックアップファイルを残しておくといいと思う。

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

「バックアップと復元センター」の「ファイルのバックアップ」を不用意に押してしまい、同様の警告が出て困ってました。助かりました。ありがとう。
こんにちわ
ウェブサイト
チョコレイトスピーカーの開発日記ブログですよ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
プロフィール

yosio

Author:yosio
しがない大学生
電子工作とかパソコンとかアニメとかが趣味
写真なんかも撮ったりするからうp出来ればいいな
サイトも見に来てくださいな

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。